Tag Cloud

四国銀行を利用するときの必要書類

  • Posted on 12月 30, 2013 at 5:16 PM

四国銀行のカードローンを利用するときは、いくつかの必要書類を準備しなければなりません。
四国銀行のカードローンを利用するための必要書類を紹介しますと、まずは本人確認の書類が要ります。
これは運転免許証やパスポートなどです。
phm01_0206-s基本的には顔写真がある身分証明が好ましいものです。

しかし、これらの書類でなくても住民票などを利用できる場合もあるので、自分が持っている身分証明を利用できるかどうかは四国銀行に連絡をして確認すると良いです。
本人確認書類の次は印鑑です。

普通預金口座の届け印が必要です。
そして、四国銀行のカードローンで100万円以上の融資を受ける場合、収入証明が必要となります。
収入証明は勤続年数確認と年収証明確認が必要です。
このように、カードローンを利用するときに必要書類を準備しなければなりません。
本人確認の書類や印鑑は簡単に用意しやすいですが、収入証明については時間がかかることもあります。
事前にどのような必要書類を準備すれば良いのか、しっかりと確認をして前もって準備できるようにしておくのが好ましいです。
四国銀行のカードローンについて、お店や電話で質問をすると、しっかりと必要書類について説明を受けることができます。

カードローン返済不能時の取立てについて

  • Posted on 12月 17, 2013 at 2:36 PM

カードローンは現金を借り入れするものとなりますので、借り入れした現金は必ず返済をしなければなりません。
それでは、仮にその返済が出来なくなってしまった場合には、厳しい取立てが待っているのでしょうか。

金融業者の取立て業務については貸金業法で細かく制限がされています。
この制限に違反をした場合は、営業停止処分や貸金業者登録の取り消しなど、金融業者にとって重いペナルティが待っていますので、カードローンの返済不能に陥ったとしても厳しい取立てにあうことはまずありません。
具体的に禁止をされている行為は、午後9時から午前8時までで電話やFAXや訪問をする事や、営統な理由なく勤務先の連絡をする事や、連帯保証人以外の家族に対する取り立て行為や、他の金融業者から新たにカードローンを組ませて返済をさせるような行為などが挙げられます。
このように、カードローンの債務者が返済不能となった場合にも、私生活や仕事に大きな影響が出るような威圧的な取立ては一切できないように貸金業法で細かく規制をされているのです。
但し、厳しい取立てが無いからと言って、カードローンで借りたお金は必ず返済しなければなりませんので計画的に返済をしていくようにしましょう。

カードローンで借り換え返済

  • Posted on 11月 27, 2013 at 10:48 PM

30代の派遣社員です。
20代の頃は収入が全て遊びの資金として自由に使えるものだと思い込み、派手な遊びや外食三昧で、浪費をしたわけではないのに生活はカツカツでした。
家賃や保険料の滞納もありましたが、一度贅沢を覚えたらなかなか節約することが難しく、恥ずかしながら消費者金融のカードローンで借りては返す生活を続けていました。

当時の借金は、一度弁護士に入ってもらってきれいになったはずでしたが、そのときに債務整理し忘れたカードローンが一件あったようで、先日数年ぶりに通知が届きました。
弁護士に再度相談し、損害金は負けてもらえましたが、それでも30万程度残っており、分割で借金返済をすると高い利息もかかりますので、金利の安い銀行のカードローンで返すことを思いつきました。
銀行でカードローンを申し込んでみると、翌日希望通り30万円の審査が通りましたので、すぐに借金返済に充てました。
消費者金融のカードローンはなくなったので、今度からは銀行にのみ借金返済をしていかなければなりませんが、追加で借りることがなければ消費者金融よりも速いペースで返済が終わりそうですので、これから仕事と節約を頑張っていこうと考えています。
ecn014-s

急ぎに対応したカードローン

  • Posted on 11月 15, 2013 at 6:55 PM

カードローンを急いで利用したいときにはカードローン会社を選ぶことも必要となってきます。
なぜかというと、実際に借入をするためには時間がかかることもあり、急ぎに対応できない場合もあるからです。
急ぎで利用したいときのカードローンを選びのポイントは二つあります。

その一つは審査の時間が短いということです。
借入を申し込んだときには審査が行われるのですが、この審査の時間はかなり長くなる場合もあります。
最近では即日有志やスピード融資といったサービスを提供しているカードローン会社があり、審査の時間は非常に短くなっています。
このようなカードローン会社を探すことがまず必要となってくるのです。

もう一つ考えておかなければならないのが審査の甘さです。
即日融資のサービスに申し込んだとしても、審査に落ちてしまう可能性があります。
審査に落ちてしまうとまた別のサービスに申し込まなければなりませんから時間がかかり、急ぎに対応できない場合も多いでしょう。
ですから、確実に審査に通るようにするために、出来るだけ審査の甘いカードローン会社を選んで申し込むことが必要となってくるのです。
急ぎの時にはこのふたツンポイントに絞ってカードローン会社を選びましょう。

おまとめローンで金利が下がるメリット

  • Posted on 10月 2, 2013 at 10:12 PM

多重債務からおまとめローンに組み替えたとき、予想にもしなかった嬉しい出来事を体験しました。
それは、組み替えたことによって金利が下がったことです。
多重債務のときのそれぞれの債務で発生する金利のトータルと、組み替えた後の金利を比較してみると0.2%ほど下がっていたのです。

「たった0.2%だけならほとんど変わらない」と思うかもしれません。
しかし、そのたった0.2%が金利が下がったことによって、年間で数千円から数万円と負担が減ったのです。

それが1年だけでなく、何年も返済にかかりそうです。
だからこそ、その金銭的な負担軽減があることを知ったときは本当に喜んだものです。
そもそも現金に困っているから債務をうけているのですから、年間の数千円から数枚円のコストを浮かせることは経営者にとっては嬉しいものです。
私の場合はその下がった金利で得られたお金を使って、家族みんなで少しですが贅沢の回転寿司で外食をさせていただきました。
いつも負担ばかりを考えて暗い雰囲気になっていたとき、その金利が下がる話をされたときは大袈裟なほどに喜んだものです。
このように、おまとめローンに組み替えることで金利が下がることも大きなメリットの一つと言ってもかごんではないです。

おまとめにするための与信に気遣う

  • Posted on 9月 5, 2013 at 3:52 AM

ローンとは快適生活を送るための手段であるというのが、現代人の考え方であるのですが、生活に自然となじんでいる消費者金融を始め、金融機関のローンはカードで行われます。
しかも、今やどの金融機関を比較しても、どこも利用者の便宜をとことん図ったシステムを用いています。
どこのATMでも利用できますし、今やコンビニのものでも可能ですから、24時間いつでもお金が借りられるという状況です。

いくら借りたいとネットで申し込めば、その日の内に引き出せるようになっているものや申し出なくても融資枠の範囲で自由に借りて、毎月増減のないリボ払いをしているなどという便利すぎる状況は、複数の利用において麻痺してしまうと大変なことになります。
最近は、1枚だけのカードを利用しているという人は少なく、何かのキャンペーンにつられてついという感じで、3枚程度は持っているというのが一般的です。
ローンとは、上手に利用してこそ生きるのですが、麻痺してしまうと先を考えずに利用してしまいます。
苦しい時のおまとめ頼みと思っている人も多いようですが、プランのだらしなさから起こる意外な金額になってしまった借入金というのも与信という面で不利ですから、まずは支払いに対する誠意ある履歴を作りましょう。
延滞状況を作らないように頑張った上でおまとめローンを相談することやそれが無理ならば支払いが滞るという状況に陥る前の早い段階で相談するのが賢明です。

初めて利用の消費者金融で優遇されるおまとめローンの上位は?

  • Posted on 8月 27, 2013 at 4:02 PM

消費者金融のアイフルのおまとめローンは、年収の3分の1を超えても借入可能な貸金業法に基づく計画返済支援型のローンです。
アイフルにおまとめローンが2つ用意されています。
1つはアイフルを既に利用されている方向けの「おまとめMAX」で、貸付利率が12.0%~15.0%となっています。

これに対して、初めてアイフルを利用する方向けのおまとめローンは「かりかえMAX」といって、貸付利率12.0%と貸付利率の上限が低くなっています。
この貸付利率は他の消費者金融のおまとめローンに比べても、有利なケースが多く、初めてアイフルを利用する方にとってはランキング上位に入るおまとめローンとなっています。
申込できるのは、満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方です。
正社員に限らず、自営業者やアルバイトやパートであっても申し込みが可能です。
おまとめの対象にできるのは、消費者金融などの貸金業者からのキャッシングローンのほか、銀行のカードローンやクレジットカードのショッピングリボ払いなども含めることが可能です。
他の消費者金融のおまとめローンの中には、貸金業者からのローンに限定するタイプも多いので、おまとめ対象の幅が広い点もランキング上位入りのポイントです。

クレジットカードの実績がブラックカードへの道

  • Posted on 7月 30, 2013 at 11:31 AM

frc080-s

ブラックカードへの道というのは、決して真っ暗闇な道というわけではありません。

道は一本道です。
つまり、クレジットカードの実績を着実に積み重ねることが、黒への一本道なのです。
レギュラーカードからゴールドカード、そしてプラチナカードへと道を進んでいくと、その先にあります。
最も、そもそもブラックカードを発行していないカード会社の場合、目的地がないので、むだな道ということになりますが。
確かに道は一本道ですが、目的地までの距離がどのくらいあるかというのは、分かりません。
いきなりゴールドカードを取得することもできますので、そこからはじめれば、多少距離は縮まります。
ただし気をつけないといけないのは、いきなりプラチナカードへいけるカードというのは、あまり多くないということです。
ゴールドで実績を積み上げて初めて、プラチナへの扉が開かれるというのがほとんどなのです。
ゴールドからプラチナへの道がどれほどなのか、カード会社も説明はしていないのでよくは分かりません。
プラチナから先の道のりに関しても、カード会社は説明をしておりません。
それどころか、公式ホームページを見ても、ブラックカードの記述は全くないのです。
まさしく、陽炎のような存在なのです。
ただし間違いないのは、裏道はなく、ひたすら一本道を真っ直ぐに歩くということだけです。

審査の緩い信販会社の特徴

  • Posted on 6月 6, 2013 at 11:05 AM

最近では、金融機関などから、
小口融資が非常に受けやすくなってきました。

金利面でも貸し手に嬉しい小口融資は、
住宅ローンなどと比べても別格の高利となっています。
そこで、銀行でも、この消費伽金融市場に積極的に参入してきています。
こうして、
現在、消費者金融市場は、
銀行、銀行系消費者金融に、
中堅消費者金融と信販会社やクレジット会社などが顧客の獲得競争で熾烈な争いを繰り広げています。

ところで、銀行や銀行系消費者金融に関しては、
一般人にとってはある程度なじみがあるといえるでしょう。
一方で、信販会社などは、自動車の購入などで申込書を作成する程度で、
その内容自体はあまり分かっていない場合が多いものです。

信販会社は、
厳密には、割賦販売法に定める登録割賦購入斡旋業者を指しています。

すなわち、代金の立替えをする業者なのです。
ローンやキャッシングサービスを主体に手掛ける信販会社は、
審査がある程度厳しくなされています。
しかし、銀行などに比較すると、審査の緩い会社もあります。
信販会社のキャッシングのメリットといえば、金利の低さです。

また、融資限度額が比較的高額に設定されているのも信販会社の特徴です。
銀行よりも審査の緩い信販会社においては、
おまとめローンや借り換えにも有効活用できます。

インターネットを便利にするキャッシング

  • Posted on 5月 13, 2013 at 10:15 AM

数十年前までは珍しいものであったパソコンも、
今日では一家族に一台あることが当たり前になってきており、
もはや使えて当然の日常生活品になりました。
パソコン自体も日々技術が進歩しているので性能が向上しており、
使用者の生活をより便利にしてくれています。

例えば以前は調べものをするときになどを読んで調べて
いましたが、
今ではインターネットを使って調べることが多いです。
このインターネットをより便利にしてくれているもののひとつが
キャッシングと呼ばれるものです。
キャッシングとはよく使用するURLのデータを高速に読み書き
できる装置に保存しておくことで、
次に同じURLを閲覧するときにより早く表示させることが可能に
なります。

通信のたびに一からすべてのデータを読み込んでいては時間が
かかりますし、
データが保存されることを利用したホームページも多く存在して
います。
このように便利なキャッシングですがデータを保存し続けて
いればWEBの動作が重くなることもありますので、
定期的に削除したほうがより快適にインターネットを利用する
ことができます。

ただし前述したようにキャッシングのデータを利用したところも
ありますので、
とくに利用するURLのデータは残しておくとより便利になります。

phm11_0223-s

Top